現在位置: ホーム > 文章分类区二 > ROLEXロレックススーパーコピー サブマリナ デイトオイスター パーペチュアル サブマリーナー デイト
ROLEXロレックススーパーコピー サブマリナ デイトオイスター パーペチュアル サブマリーナー デイト
スーパーコピーブランド優良店 / 2020-03-11

ROLEXロレックススーパーコピー サブマリナ デイトオイスター パーペチュアル サブマリーナー デイト


ベゼルばかりでなく文字盤も美しいグリーンの輝きに!


ゴールドモデルからロレゾール(イエローゴールド+SS)モデルと、2008年から順次リニューアルされてきたダイバーズの「サブマリーナー」。今回、もっともアフォーダブルな価格のステンレススティールモデルがついにリニューアルされた。

潜水時間のマーキングに用いる回転ベゼルが、硬く傷が付きにくく耐蝕性にすぐれたセラミックス製となり、ブレスレットも長さ調節が可能なグライドロック クラスプとなった。また自動巻きムーブメントのひげゼンマイにも磁気の影響を受けにくいパラクロム素材が採用されている。

だがそれ以上に注目なのが、あらたに登場したキラキラと美しく輝く「グリーンゴールド」カラーの文字盤だ。その名の通り、この輝きはイエローゴールド素材を組み合わせることで生まれたもの。

かねてから人気のグリーンベゼルモデルに、この美しいグリーンの文字盤が組み合わされ、人気がさらに高まることはまちがいない。

ロレックス スーパーコピー 116528NG コスモグラフ デイトナ YG金無垢 8Pダイヤ ホワイトシェル メンズ


商品詳細

高級感漂うイエローゴールド金無垢を採用。ホワイトシェル文字盤にゴールド&ブラックの指針、8粒のダイヤインデックスを配置

。12時位置にはロレックスの象徴である王冠マークとブランドロゴ、クロノメーターであることを示す刻印、3時位置に30分計、6

時位置にスモールセコンド(秒針用のダイヤル)、9時位置に12時間計を搭載。

メーカー品番 116528NG 

ムーブメント 自動巻きクロノメーター(オートマチック)

▼スペック

文字盤 ホワイトシェル 

ケース ゴールド 

ベゼル ゴールド 

ベルト ゴールド 

素材 イエローゴールド、サファイアガラス、ダイヤモンド 

防水 100m防水

▼サイズ

フェイス直径 約40mm(リューズ除く) 

厚さ 約12mm 

重さ 約205g 

ベルト幅 約15mm ~ 約19mm 

腕周り 約15cm ~ 約19cm 

機能 ねじ込み式リューズ、クロノグラフ、タキメーター 

艶あり(一部艶なし)のゴールドケースに同色のリューズを使用。時間を調節するリューズにはロレックス http://www.xocopy.com/ROLEX_watch の象徴である王冠マーク

を刻印し、細部にまでこだわりが感じられます。また文字盤内周(ルーレット)には「ROLEXスーパーコピー 」の文字とシリアル番号が刻印さ

れています。ベゼルにはスピードや平均時間を簡単に算出出来るタキメーター機能を搭載。・艶あり艶なしを組み合わせたゴールド

3連コンビブレス。二重ロック式の片開きバックル部分にはブランドロゴを刻印。

自動巻き、ステンレススティールケース&ブレスレット、日付表示、スイス公認クロノメーター、300m防水、今夏発売予定


20世紀初頭、まだ腕時計が誕生して間もない頃に創業し、以後100年以上も腕時計とともに歩み続け、飛躍的な進化を遂げていったロレックス。

1905年、イギリス・ロンドンにブランドの前身となる「ウイルスドルフ・アンド・デイビス社」を設立したことから、ロレックスの歴史は始まる。創業者のハンス・ウイルスドルフは、当時まだ懐中時計が主流だった時代に、腕時計に先見の明を感じ取った天才的な実業家であった。1907年には本格的な時計製造に着手するため、早くも事務所機能をスイスに移転。その翌年には、ブランド名「ROLEX」を考案し、商標登録を行っている。

1910年には腕時計としては初の、公的精度検定であるクロノメーターの公式証明書を獲得し、ロレックス製品の高精度を証づけた。1926年には、完全防水・防塵構造のケース「オイスター」を発明し、常に水や埃にさらされている腕時計の弱点を克服。

その後も、錘(おもり)の回転で駆動ゼンマイを巻き上げる自動巻きシステム「パーペチュアル」や、3時位置にデジタルディスプレイを設け、午前零時になると自動的に日付が切り替わる「デイトジャスト」を開発。ロレックスが腕時計の進化に果たした役割は、あまりに大きいといえる。

1950年代に入ると、ラインナップの多様化が図られ、史上初の潜水時計「サブマリーナー」や、冒険家用の腕時計「エクスプローラー」など、特殊任務に着手するプロフェッショナルのための時計製造が行われる。もちろん極限状況を想定した時計造りは、一般ユーザーに対するロレックス製品の信頼性を高めることにもつながった。

こうした意欲的な開発精神は現代にも受け継がれ、2000年にはクロノグラフの自社一貫生産に成功。2007年には耐磁時計「ミルガウス」の次世代モデルや、新しいレガッタ用のクロノグラフを発表。常に時計界の話題の渦中にありながら、実用性に根差した時計造りを今も着実に行っている。